ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Vision of Disorder - The Cursed Remain Cursed (2012)

アメリカのロングアイランド産ニュースクールハードコア/メタルコアバンドの11年越し5th。キャンドルライトレコードよりリリース。

vision of disorder the cursed remain cursed

評価:☆☆☆☆☆ 名盤!



曲目リスト
1. Loveless ☆
2. Set To Fail ☆
3. Blood Red Sun ☆
4. Hard Times ☆
5. Annihilator ☆
6. Skullz Out
7. The Enemy ☆
8. The Seventh Circle ☆
9. New Order Of Ages
10. Be Up On It ☆
11. Heart And Soul

二回続けて名盤のレビュー。好きなものほど書きたくなるから仕方ないね。その割には更新頻度がアレだけど……

Vision of Disorderは90年代にニューヨークで活躍したメタリックハードコアバンドで、4枚のアルバムをリリースした後に突然解散したという略歴を持っています。

私が彼らの存在を知ったのは今年に入ってからで、再結成して新譜を出したというのも最近知りました。だから過去作を全く知らない状態でこのアルバムを聴いたということになります。

今更ニュースクールハードコアとかどうでもいいだろ~と思っていたけど某ブログで絶賛されていたので貼り付けられていた#4. Hard Timesをなんとなく試聴しました。

気付いたらAmazonでポチってました。いやほんと聴き終わった5秒後くらいには決算してた。それくらい衝撃を受けました。あとついでに在庫のあった2ndもポチってました。

もはや何も言わずに下に貼った音源を聴いてくれ、と書きたいところだけどそれじゃ私の存在意義が無いのでレビューという体裁の感想文を書き散らします。正直な話、こんな駄文読んでないで早く下にスクロールしてHard Times聴けよってくらいオススメです。

というわけで何が凄いかを箇条書きにします。(なんて安っぽい書き方なんだ……)

・Tim Williams(ティム・ウィリアムズ)の歌
・後ろ向きにブチ切れてる独特な雰囲気
・ゴリッゴリで心に残るリフ
・変則的なリズム・グルーヴと型にハマらない曲展開
・バッキバキの変態ベース

ウィリアムズの歌はこのアルバム最大の聴きどころと言っても過言ではないです。大体のレビューブログでもボーカルが絶賛されていましたが私も全く同感です。

全身全霊で絞り出される絶叫には燃えたぎる怒りと陰鬱さが入り交じっている。退廃的な歌メロには一度聴いたら忘れられない中毒性がある。ネガティブマインド剥き出しの歌声はアルバム中で一貫しています。

そこには負の感情以外が差し込む余地はなく、我々リスナーはウィリアムズの吐き出す灼熱に正面から向き合うしかありません。こんなブチ切れてるボーカル二人としていません。どういう人生送ってたらこんな声出せるんだって思いました。

こんな歌声で「憎しみを、愛を、(存在の)価値をくれ」「お前は、知って、学び、感じ、この俺にそれ以上のものよこすべきだ」「この街に火を付け、燃え上がるのを眺めてやる」なんてハードな歌詞を叩きつけられたら悶絶するに決まっているでしょう。(和訳に自信なし)

ここまで歌のことしか書いていませんがそれ以外にも触れていきましょう。

メタリックに味付けされたリフは二転三転する曲の中で重要な役割を果たしています。テクデス系のアルバムレビューでも良く書いていますが、展開が激しい曲ではリフがしっかりしてないと破綻するので、そういった意味でもリフは重要です。

もちろんテクデスほど頻繁に転調するわけではないですが、どの瞬間も違和感なくハマるのはリフが良いことに他なりません。そしてリフはメタルやハードコアの肝です。一番重要です。それが良いのだからかっこ悪いはずがありません。

また、変則的なリズムチェンジや転調をし、独特のグルーヴで飽きない展開を作るリズム隊も素晴らしいですね。Vision of Disorderはミドルテンポの曲が多いので、もし単調なリズムだったら途中でダレていたことでしょう。

他にも書きたいことがありますが、ちょっと長くなりすぎたので割愛します。まあここまで書いてきたことは聴けば一発でわかります(笑) 名曲だらけのまぎれもない名盤なので心して聴きましょう。

#4. Hard Times



#7. The Enemy



#5. Annihilator



以上でThe Cursed Remain Cursedのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ メタルコアハードコアVision_of_Disorder名盤

| ☆☆☆☆☆ | 08:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どの曲も悶絶もののリフがありますからそらもう名盤ですよねえ、hard timesは発売当時狂ったように聞いてた覚えが

そいえばdirの新作買いました。曲数多くて、後半だれるかなあと思う以外文句のつけられない出来だと思いました。今のところ、3,7,16が名曲だと思うんでオススメしておきます

| 山村 | 2014/12/30 19:29 | URL |

Re: タイトルなし

私は12月にアルケー買う予定でしたが、Sex Machinegunsの新譜買ったら金が無くなったので今月買いにいきます!

シングルの出来が微妙だったんであんま期待してなかったんですが評判を見るとけっこう良さ気なので楽しみです

| ムラサメ | 2015/01/01 03:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/106-eea3dd18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。