ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Behemoth - Demigod (2004)

ポーランド産エクストリームメタルバンドの7th。レーベルは国によってまちまちだけど祖国ポーランドではMystic Production
がリリースした。ちなみに日本盤はヴィクター・エンターテイメントからリリースされた。

behemoth demigod

評価:☆☆☆☆☆



曲目リスト
1. Sculpting The Throne ov Seth ☆
2. Demigod ☆
3. Conquer All ☆
4. The Nephilim Rising ☆
5. Towards Babylon ☆
6. Before Aeons Came
7. Mysterium Coniunctionis (Hermanubis)
8. XUL ☆
9. Slaves Shall Serve ☆
10. The Reign ov Shemsu-Hor ☆

ポーランドの二大巨頭の片割れ、Behemothの最高傑作として知られる名盤。個人的には次回作のThe Apostasyの方が好きだけど、Demigodも相当かっこいい。

鬼神の如きドラム、巨大なリフ、エスニックで妖しげなメロディと、今作の魅力を言葉にすると「なんだNileに似たサウンドか」というチープな感想になってしまうが、これはNileと全く違った壮大なブルータルデスメタルである。(#8でNileのギタリストが参加しているが)

中東やらエジプト辺りのメロディをリフに入れるメタルバンドはそれなりにいるが、最もうまくそれを使いこなしているのはBehemothであると断言できる。

デスメタルの攻撃性、ブラックメタルの荘厳さを全く損なうことなく、圧倒的に巨大で威厳に満ち溢れたリフをぶっ放すのはBehemothだけであろう。

スロウだろうがファストだろうが、どの瞬間にも邪神のようなものが存在する威圧感というか、邪悪な意思をひしひしと感じることができる。ネルガルさんの人間とは思えないデス声もその邪悪さに拍車をかけていると思う。こんな怖いデス声は初めて聴いた。

また、無視できないのがインフェルノの超凶悪なドラミング。ポーランド最強のドラマーはこの人かVaderの故Docだろう。初めて聴いたときはすごすぎて機械かなんかが叩いているのかと思った。

Behemothを知ったのは今から6年くらい前だけど、ドラムプレイそのものに衝撃を受けたのはインフェルノのドラミングが初めてだった。速すぎるのにももちろん驚いたが、それ以上に一発一発のパワーにビビった。人間ってここまで人間辞められるんですね……

そして、こんだけ凶悪なサウンドなのに、デスメタルの中ではトップクラスにキャッチーにまとまっているのにもビビった。もうなんというか、格が違いますわ。

曲によってはやや退屈に感じるところがあるのが唯一の欠点だけども、それ以外は完璧なのでぜひ聴いてみてほしいアルバム。ちなみに次回作はその唯一の欠点すら消え去ったので、今作と合わせておすすめの作品です。


#9. Slaves Shall Serve



#2. Demigod



#5. Towards Babylon



#8. XUL



Demigodのレビューは以上です。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ ブルータルデスブラックメタルBehemoth

| ☆☆☆☆☆ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/140-69befcc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。