ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兀突骨 - 因果応報 (2015)

日本産スラッシュ/デスメタルバンドの3rd。BTHレコードよりリリース。

兀突骨 因果応報

評価:☆☆☆☆☆



曲目リスト
1. 狂気ノ戦野 ☆
2. 因果応報 ☆
3. 地獄カラノ刺客  ☆
4. 裏切ノ報イ  ☆
5. 天下無双  ☆
6. 獄門
7. 覇王伝
8. 破軍星 ☆
9. 河越夜戦  ☆
10. 是非ニ及バズ  ☆
 
国内最強(だと思ってる)のデスメタルバンドの新譜! 4月の頭あたりに買ったけども充分に聴きこんだのでやっとレビューに入るよ。

正直なところ、最初に聴いた時は1stや2ndのような重圧感というか、音の塊がうねりを伴って耳にぶち当たってくる感覚が無かったので、刺激が足らず拍子抜けした。

しかし、今作の魅力は今までの邪悪なヘヴィさではなく、鋭くストレートに仕上げられたサウンドと楽曲にあると気付いてからは自分の中の評価が一変。前作までとは別ベクトルの良さが詰まった名盤だと思うようになった。

その新しい魅力というのは具体的にいうと、コンパクトながらも起伏に富んだ楽曲、スピードとヘヴィさが程よく両立する絶妙なバランス感、正統派メタル的なアプローチ、そして新メンバー二人の高レベルなプレイングである。

兀突骨は巧みなリズムチェンジと力強いグルーヴによって、どれだけ長尺な曲だろうとリスナーを飽きさせずに聴かせる力を持ったバンドである。今作はプレイタイムが短くなった分、スピード感と複雑さを両立させる方向にリズムチェンジを配置し、スピード感とヘヴィネス、複雑さが釣りあう見事なバランスに仕上げたのだと思う。

曲ごとのバリエーションが豊かなので今までよりも聴きやすく、非常に楽しい。音質もクリアになったし兀突骨入門としてはちょうどいいアルバムではないだろうか。

そして新メンバーの円城寺慶一氏(Gt)と秋田浩樹氏(Dr)の実力も凄まじい。特に、曲ごとによりはっきりとした個性が出たのは円城寺氏のプレイングのおかげだと思う。

スラッシーなリフやテクニカルな演奏ももちろんすごいけど、印象的なフレーズを持ったギターソロの多さには感動した。特に#4の中盤以降のギターソロとか#10のラスト3分のフレーズには思わず感涙させられた。これでまだ24歳だってんだから恐ろしい。

楽曲にスピード感とストレートなインパクトを与えたのはドラムの秋田氏の貢献によるところが大きいだろう。前任のドラマーに比べると一発一発の打音が重たく、より正確無比なプレイをするといった印象を受けた。個人的にはこっちの方が好みなのでこの変化は非常に嬉しい。

ちなみに高畑氏のベースプレイはいつも通り。楽曲にこれでもかと言わんばかりにスラップを入れてくる変態っぷりには安心した。よりメロディックになったガテラルも聴きどころ。今回は歌うということを強く意識したらしい。(インタビュー参照)

http://www.metallization.jp/columns/336

これ以上グダグダ書いてても仕方ないのでもう結論を書いてしまおう。因果応報は兀突骨らしさを全く損なわずに新しい魅力を詰め込んできた傑作である。

ジャンル的にブルータルデスメタルというよりはクラシックな正統派メタルやスラッシュメタルの方が近いかもしれないが、そんなことどうでもよくなるくらいに素晴らしい。

1st, 2nd, 3rdと違ったアプローチを仕掛けて成功させるバンドって本当に珍しい気がする。


#1. 狂気ノ戦野



因果応報のレビューは以上です。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ デスメタルスラッシュ兀突骨

| ☆☆☆☆☆ | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/150-62cabe52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。