ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hate Eternal - Conquering the Throne (1999)

アメリカ産ブルータルデスメタルバンドの1stフル。レーベルはWicked World Records

hate eternal Conquering The Throne

評価:☆☆☆☆☆



曲目リスト
1. Praise Of The Almighty ☆
2. Dogma Condemned ☆
3. Catacombs
4. Nailed To Obscurity
5. By His Own Decree ☆
6. The Creed Of Chaotic Divinity
7. Dethroned ☆
8. Sacrilege Of Hate
9. Spiritual Holocaust ☆
10. Darkness By Oath ☆
11. Saturated In Dejection ☆

当時Morbid AngelのメンバーだったErik Rutan(Gt,Vo)が、まだ新人であったTim Yeung(Dr)、友人のJared Anderson(Gt,Vo)、そして当時SuffocationのギタリストだったDoug Cerritoを連れて作成したアルバム。

その中身はMorbid Angelを更に凶悪にしたかのような超ド級ブルデス。バスドラがカチカチうるせぇYeungの荒々しい激速ブラストビートの上で、Rutanのおどろおどろしいリフが暴れまわる。

どの曲も恐ろしく速く、息が詰まるほど重々しい雰囲気に支配されており、その上とんでもなくうるさい音の塊が耳にぶつかってくるので、これが並のバンドだったら何がなんだかわからなくなって空中分解するだろう。

しかし、Rutanの独創的なギターリフや印象的なギターソロが、この轟音を芸術的なまでに優れたデスメタルに昇華させている。どの曲にもフックがあり、アルバムを通して聴いても飽きない。爆走する曲しか無いのにも関わらず、リスナーに単調さを感じさせないあたり、Rutanがソングライターとしてどれほど優れているかがわかる。

バンドメンバーの超絶技巧オリンピックになりがちなブルータルデスメタルというジャンルにおいて、独り善がりでない独創性というものがどれだけ重要かを改めて理解した気がする。このことを再確認させてくれるConquering the Throneは偉大なアルバム。そしてHate Eternalは最強のブルデスバンドだ(私の中で)

#2. Dogma Condemned



#7. Dethroned



以上でConquering the Throneのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ ブルータルデスHate_Eternal

| ☆☆☆☆☆ | 13:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして、お邪魔します。2nd持っています。
轟音で突っ走っていますよね。飽きさせないリフの嵐、モービッドすら凌駕する速さですよね。
その分重厚感(重さではなく)は、若干弱いかな〜。

| ONIZARU | 2015/07/24 12:18 | URL |

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。

オールド・スクールのドロドロした感触や壮大さ、アレンジの奥深さはやはりモビエンが何歩も先を行ってますね。さすがにこのジャンルのパイオニアなだけあります。
Hate Eternalは3rd以降(特に5th)がオススメなんで良かったら聴いてみてください! 

| ムラサメ | 2015/07/27 09:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/156-cd751e3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。