ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kronos - Arisen New Era (2015)

フランス産ブルータルデスメタルバンドの4thフル。レーベルは
Unique Leader Records

KRONOS Arisen-New-Era

評価:☆☆☆☆☆ 名盤!



曲目リスト
1. Infernal Abyss Sovereignty ☆
2. Zeus Dethroned ☆
3. Soul-Voracious Vultures ☆
4. Rapture In Misery ☆
5. Klymenos Underwrath
6. Aeons Titan Crown
7. Brotherlords ☆
8. Purity Slaughtered
9. Hellysium ☆

楽器メーカーのクロノスじゃありません。検索するとき地味にめんどいんじゃい(言いがかり)

半年くらい前にThe Hellenic Terrorのレビューで「新譜まだなんですかね」と書いたら本当に新譜が出て私は狂喜乱舞。さっそく聴いてみたら最高としか言いようが無かったのでやや興奮気味の記事になりまする。

Kronosサウンドの根底にあるメロディックでブルータルなヨーロピアンブルデスは相変わらず。また、今作では嬉しい事に2ndの頃の叙情性が戻ってきている。その上、3rdの攻撃性も損なわれていないため、アルバムの完成度は恐らく過去最高のものとなっているはず。

ややオールドスクールの風情を感じさせる音作りを下地に、ブルータリティを殺さない叙情的なリフが、一曲の中で次々と繰り出されていくのが非常に気持ちいい。ピロピロとネオクラ的なフレーズを刻むギターソロも嫌味を感じさせず、すっと耳に入ってくる。

どのフレーズにもオリジナリティがあり、どの瞬間もカッチリとハマるテンポチェンジにはベテランの風格を感じさせる。曲展開の上手さは言うまでもなく、それがブルデスのアルバムにありがちな「どれも同じに聴こえる」という欠点を見事に克服している。

また、今作には今までに無かったアコースティックギターによる演奏や、メロデスのような湿ったフレーズがアクセント程度に加えられている。あくまでアクセント程度というのがミソで、これが多量に含まれるようになっていたらクオリティが地に落ちるとまでは行かなくても、陳腐だと感じる瞬間が生まれてしまったと思う。こういうアプローチなら大歓迎だ。

これは素晴らしいぞ。今作は名盤だった2ndに匹敵する出来だと思う。曲の平均点を比べたらこっちの方が完全に上。その代わり今作には「これだ!」と衝撃を受けるほどの名曲が#9くらいしか無いのが惜しい。2ndにはそれが5曲もあった。

メロディアスなブルデスという点では、彼らと作風が似ているNileやBehemoth辺りと比べてもなんら遜色ないレベルだと思うのだが、なぜここまで日本では知られていないのか不思議でしょうがない。個人的にフランス最強のデスメタルバンドだと思っているのでもっと有名になってほしい。


#9. Hellysium



#1. Infernal Abyss Sovereignty



#7. Brotherlords


以上でArisen New Eraのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ ブルータルデスKronos名盤

| ☆☆☆☆☆ | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/160-032fe631

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。