ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Fleshgod Apocalypse - Agony(2011)

イタリア産シンフォニックブルータルデスメタル(!?)バンドの2nd

Fleshgod Apocalypse


評価:☆☆☆


曲目リスト
1. Temptation
2. The Hypocrisy
3. The Imposition  
4. The Deceit
5. The Violation  ☆
6. The Egoism
7. The Betrayal
8. The Forsaking  ☆
9. The Oppression
10. Agony

Fleshgod Apocalypseの1stアルバムOraclesは少しシンフォニック要素のあるブルータル・デスメタルといったものだった。(1stのレビューはそのうち書きます)
だが、2nd Agonyから曲調が大幅に変わりシンフォニックブルータル・デスメタルを自称するにふさわしく? なった。

具体的には大仰なオーケストラ8割+ブルデス2割といったサウンド。また前作には無かったオペラティックなクリーンボイスもある。

大胆なオーケストラとブルデスの融合したサウンドのインパクトは凄まじく、鬱蒼としたクラシック風味の#1 Temptation が終り実質一曲目の#2 The Hypocrisy が始まった途端工事現場のような爆音と壮大なオーケストラが同時に聴こえ、呆然としていうる内に曲が終わる。私は最初に聴いた時そんな感じだった。

ただそれも5曲目くらいで飽きてしまった。なぜならどの曲も一本調子でアルバム全体が金太郎飴みたいにどこを切っても同じ味しかしないからだ。
 
特にリフがつまらないことこの上ない。#5 The Violationと#6 The Egoismくらいしか印象に残るリフが無い。それ以外は全部あるのかどうかさえ疑わしいレベル。シンフォニックに偏り過ぎだとかクリーンボイスの必要性があったのかとかドラムが単調だとか他にも突っ込みどころはあるが、本当にリフが残念だ。

むしろリフさえ良かったら名盤クラスの出来になるとさえ思う。曲の即効性が高いだけに惜しい。というか1stのリフはかなり良かったのにどうしてこうなった。

ここからは曲ごとの紹介です。ちょっと頑張って全曲紹介しようと思います。貼るのは一曲だけですが。

#1 Temptation
不穏なイントロから始まるアルバムオープナー。かなり不気味なのでこれから始まる惨劇に期待が高まる。

#2 The Hypocrisy
実質一曲目。オーケストラとあまり目立たないギターリフとほとんど聴こえないベースを高速ブラストビートに乗せて疾走するナンバー。なおほとんどの曲がこんな感じです。途中からオペラ歌唱が入るが本当に必要だったかどうかはわからない。かなり苦しそうだし聴いてるこっちも苦しくなるのでプロのオペラ歌手を外部から雇ったほうが良かったのではないだろうか。

#3 The Imposition
バイオリンのヒステリックな音から始まる疾走ナンバー。#2よりも激しく疾走感もかなりのもの。またリフが少し目立っているのもいい。

#4 The Deceit
上二曲と大体同じ。アウトロが次曲と繋がっている。

#5 The Violation
このアルバムのキラーチューンは間違いなくこれ。他の曲ではあまり感じないブルデスの要素を存分に感じることができる。ドロドロしたギターリフ、それに同調するオーケストラ、爆走するブラストビート、畏怖すら感じさせる気持ち悪いギターソロ、それが無駄なくカッチリと組み合わさり紛れも無い名曲に仕上がっている。苦しそうなクリーンボイスですら必要な構成要素に思えてくるから不思議。





#6 The Egoism
前曲よりかなりテンポの落とした曲。ドロドロとした邪悪なギターリフから始まり「おっ!」と思わせるが、一番大事なサビでそれが無くなるのがかなり残念。アウトロで疾走してフェードアウトする。

#7 The Betrayal
何度かテンポの変わる緩急の付いた曲。ところどころで印象的なリフがあるがやはりサビで間延びしたつまらないリフになる。リフさえ良かったらこれも名曲になれた気がする惜しい曲。オーケストラのみのアウトロから次の曲へ繋がる。

#8 The Forsaking
この曲だけ毛色が異なりゴシック・メタル的な鬱蒼としたナンバーである。淡々としたピアノと慟哭のような歌声が印象的。最後のコーラスから繋がる静かなギターソロがいい味を出している。The Violationを陽の名曲とするならこの曲は陰の名曲である。この曲に限ってはギターが目立たないのが逆に良いとさえ思える。

#9 The Oppression
1stのようなギターリフが散見される曲。サビで台無しになる以外はけっこういい曲だがぶっ通しで聴いてると疲労で良さに気づくことが難しい。

#10 Agony
静かなピアノの独奏。このバンドは必ずタイトルトラックがピアノの独奏である。


以上で終りです。ありがとうございました。

関連記事
関連するタグ ブルータルデスシンフォニックメタルFleshgod_Apocalypse

| ☆☆☆ | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/17-c96b9c45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。