ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lamb Of God - Sacrament(2006)

アメリカ産「メタルコアに分類されがちだけどヘヴィメタルを演奏するパンクバンドを自称するNWOAHMバンド」の5thアルバム。

lamb of god sacrament

評価:☆☆☆☆☆ 


曲目リスト

1. Walk with Me In Hell
2. Again We Rise
3. Redneck ☆
4. Pathetic ☆
5. Foot to the Throat ☆
6. Descending ☆
7. Blacken The Cursed Sun
8. Forgotten (Lost Angels)
9. Requiem ☆
10. More Time to Kill
11. Beating On Deaths Door ☆

ジャンルが長すぎるが実際にLamb Of Godの曲を聴いてもらえば何が言いたいかわかってくれると思う。

彼らがヘヴィメタルを演奏するパンクバンドを自称する理由がわかりやすいのは#5 #6辺りだろうか。Pantera直系のグルーヴ感、Slayerのような鋭いリフの中にパンク由来のメランコリックなフレーズがある。自分の中ではVision Of Disorderをゴリゴリマッチョにしたかのようなイメージがあるのだが、わかってもらえるだろうか。

まあ並大抵の憂鬱さなら根こそぎ吹き飛ばしてしまうくらいの破壊力はあるのだが(笑)

実は私、このLamb Of Godのことを知ったのは最近で、実際に曲を聴くまではアメリカで粗製乱造されたメタルコアとしか思っていなかった。が、聴いてみたら全然メタルコアと違ってなんとなく謝りたい気持ちになった。

まず印象に残ったのは現代版Panteraとも言うべきリフとグルーヴ感だろうか。余計なメロディをこそぎ落とし、洗練されたサウンドは「なんかみんなやってるから~」とコーラスワークやクサメロに傾倒した軟弱なアメリカンメタルを一発で昏倒させてしまうほどのパワーを持っている。

次に度肝を抜かれたのはChris Adlerのドラミングだ。まず一発一発のスネア、タム、バスドラムの音の重みが凄まじい。また轟音で突き進むサウンドに彩りを与える繊細なシンバルワークも魅力。Lamb Of Godの類稀なグルーヴはChrisの力無くしてはありえない。

Vo.Randy Blytheの歌声も素晴らしい。Thousand Eyesのレビューでもちょっと書いたけど、デスボイスをメロディに乗せて歌うことができるボーカルというのは本当に少ない。でもRandyは楽器隊のサウンドにきちんとグロウルやスクリームを合わせて歌っている。

エクストリームメタルじゃボーカルは所詮楽器の一つだーって意見を良く見かけるけど、こういう歌声を聴くとボーカルの重要性というか、歌にどれだけの力があるのかということを改めて理解できる。非人間的なえげつないガテラルとかも最高だけど。

うーん、これはすごい。アメリカンメタルのヒットチャートなんて似たようなのばっかだろうと思っていた自分が恥ずかしい。先入観できちんと向き合って無かった。マジすんませんでした!

結論:エモいメタルに辟易してしまったメタラーにオススメの一枚です! 

以下楽曲紹介

#3. Redneck
映像としても一級品の名曲。今作のキラーチューンは間違いなくこれ。


#6. Descending
随所に光るハードコア由来のメランコリックなフレーズが素敵。骨太なサウンドにさらっとこういうフレーズ入れるのがすごいと思った。(小並感)




以上でsacramentのレビューは終わりです。ありがとうございました。

関連記事
関連するタグ グルーヴメタルNWOAHMLamb_Of_God

| ☆☆☆☆☆ | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/25-d7224f19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。