ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CANNIBAL CORPSE - Tomb Of The Mutilated(1992)

アメリカのニューヨーク産デスメタルバンドの3rdアルバム。

cannibal corpse Tombofthemutilated

評価:☆☆☆☆☆



曲目リスト
1. Hammer Smashed Face ☆
2. I Cum Blood ☆
3. Addicted To Vaginal Skin ☆
4. Split Wide Open
5. Necropedophile
6. The Cryptic Stench ☆
7. Entrails Ripped Fom A Virgin`s Cunt ☆
8. Post Mortal Ejaculation ☆
9. Beyond The Cemetary

言わずと知れたデスメタル界のグローバルスタンダード、CANNIBAL CORPSEの3rdアルバム。レーベルはお馴染みMetal Blade(メタルブレイド)

まずは不満な点から上げていこう。
・音質が悪い。さすがにプリブラほどじゃないが1992年という時代を考慮してもかなり悪い。特にスネアドラムの「タンッ!」って音が軽くてとても浮いている。

・非人間なグロウル/ガテラルをぶっ放すChris Barnes(クリス・バーンズ)のデス声は凄まじいが、表現が一本調子気味で起伏に乏しい。ミックスが悪くボーカルが引っ込んで聴こえるせいでその印象が強まっている。だが、楽器隊の無慈悲なサウンドと無味乾燥なChrisのデス声は合っているとも言える。

・曲によっては少々退屈と感じる展開もある。例えば#1. Hammer Smashed Faceでテンポを落とした所など。爆走した後にあるグルーヴィーなパートで盛り上がったテンションが、テンポを落としたせいで殺されてしまっている。

だが上記の点は正直どうでもいい。なぜならリフがめちゃくちゃかっこいいから。

オールド・スクールデスメタルにとってリフというのは命と言っても過言ではない。極端な対比だけど、リフ以外の要素が100点満点なバンドとリフが100点満点でそれ以外はおざなりなバンドだったら、後者の方が圧倒的に良いと思う。(あくまでも個人的なので鵜呑みにはしないように)

音程も良くわからなくなるほど歪んだギターで何やってるのか全然わからんほど邪悪で複雑なリフなのに、なぜかキャッチーさがある。どう考えても一聴さんお断りな、優しさなど全くないデスメタルとキャッチーさを両立させるという矛盾したことをやってのけている。

リフ命。これがデスメタルの醍醐味ですよ。むしろスラッシュ派生のジャンルは全てこの命題を抱えているような気がするけど。

以下気に入った曲の紹介。

#1. Hammer Smashed Face
カニコーの代表曲。ライブでは必ずやるほどの人気を誇る。友人のギタリストに聞いたけど、難しいっちゃ難しいが練習すれば出来なくは無いらしい。ただしドラム以外とのこと。


#2. I cum blood
こちらもライブ定番曲。個人的にはこっちの方が間延びした展開が無いので好き。



以上でTomb Of The Mutilatedのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ デスメタルCANNIBAL_CORPSE

| ☆☆☆☆☆ | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/28-87f6ce65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。