ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Finch - What It Is To Burn(2002)

アメリカ産ポストハードコアバンドのメジャーデビューアルバム。

finch what it is to burn

評価:メタル以外なので対象外 でもオススメ



曲目リスト

1. New Beginnings ☆
2. Letter To You ☆
3. Post Script
4. Grey Matter
5. Perfection Through Silence ☆
6. Awake
7. Without You Here
8. Stay With Me ☆
9. Project Mayhem ☆
10. Untitled ☆
11. Three Simple Words
12. Ender
13. (Bonus Track) What It Is To Burn ☆

二枚目のスクリーモ紹介。このアルバムもポストハードコアに脚光を浴びさせた傑作の内の一つ。Finchはこれだけの一発屋だけど……

前回紹介したThe Usedは、何よりも感情的なバートの歌声と哀愁を感じるメロディが魅力だったけど、What it is to burnはキャッチーで青春まっしぐらなメロディラインと重厚な音圧に良さがある。

ポストハードコア界どころかアルバム内でも似たり寄ったりなメロディや、退屈な展開もけっこうあるけど、#1. New Beginnings や#2. Letter To You  #10. Untitled 辺りのメロディラインはさすがとしか言いようがない。ド直球で青臭い曲節もここまでくると清々しく聴こえるのか、とすこし驚いた。

コーラスワークをいくつも重ねた歌メロや程よく歪んだギターによる音圧も心地いい。使い古された手法でもメロディが優れていると見事な演出となる。Finchがポストハードコア界隈に多大な影響を与えたというのも頷ける話だと思った。

無駄に長すぎる#12.Enderや、曲間に散りばめられたノイズ等のSEは正直なところ蛇足にしか感じなかったけど、このアルバムがエモ・スクリーモ界の名盤だというのは間違いない。


#2. Letter To You




#9. Project Mayhem
アルバム中最も激しい曲。メタラーには物足りないかもしれないけど、ヘヴィな曲もクオリティが高い。




#13. What It Is To Burn
シングルカット版のPVなのでボーナストラックとは少し違う。どうでもいいけど、エモ系のPVって交通事故で恋人が死ぬやつ多いような気がする。



これで紹介するスクリーモの作品はあと一つ、Translating the Name(Saosin)だけとなった。多分これから先はHR/HMの紹介だけになると思うので、メタルのレビューを期待して読んでいる人はもうちょっと我慢して頂きたい。


What It Is To Burnのレビューは以上です。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ ポストハードコアスクリーモ

| メタル以外 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/41-c22c5167

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。