ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Sex Machineguns - Sex Machinegun (1998)

日本産ヘヴィメタルバンドの1stアルバム。

sex machineguns sex machinegun

評価:☆☆☆☆☆


曲目リスト
1. SEX MACHINEGUN  ☆
2. JAPAN
3. SCORPION DEATH ROCK
4. DEVIL WING  ☆
5. 桜島
6. High Speed SAMURAI
7. ファミレス・ボンバー  ☆
8. 犬の生活 ☆
9. HANABI-la大回転  ☆
10. BURN ~愛の炎を燃やせ~ ☆

このアルバムは、Bで始まるあの雑誌で「歌詞がふざけすぎている」と言われ評点をつけられなかった伝説を持っている、Sex Machinegunsのメジャーデビュー作である。

彼らについては語りたいことがたくさんあるが、私はファンなのでアルバム一枚のレビューに収まりそうもない。だから今回はかなり控え目に書いていくことにする。そのうちバンド単位でのレビューとかするかもしれないからそっちでガッツリ書こうかな。

Sex Machinegunsの特徴といえば、ふざけきった歌詞にキレのあるキャッチーな楽曲。その特徴が一番色濃く出ているのがこのアルバムだと思う。歌詞も演奏も今の彼らにはない勢いがある。他バンドの曲をオマージュしているのもかなりわかりやすい。というか露骨すぎる(笑)

元ネタも合わせて紹介したいので全曲を個別にレビューしていこうと思う。ただ間違っている可能性もあるのであまり信用しないように。答え合わせはご自分の耳でどうぞ。

なお元ネタはこちらのサイト様を参考にしました。けっこう複雑なオマージュの仕方をしたのがわかって笑いました。

SEX MACHINEGUNSの曲の元ネタ(パクリ)まとめサイト

#1. SEX MACHINEGUN
元ネタ Whiplash(METALLICA) Ride The Sky(Helloween) など
1分ほどのゆったりとしたイントロの後、爆走する名曲。元ネタのスラッシュ・メタルの攻撃性とジャーマン・メタルの様式美をうまく融合させているのがすごいと思った。全員で「マスター○ーション!!」と叫んだり、高らかに「マドンナが腰をふりふり踊ってる」と歌いあげたりと、素面で書いたとは思えない歌詞、そしてANCHANGのギターソロが印象的。

#2. JAPAN
元ネタ Jesus Saves(Slayer) Child In Time(Deep Purple) Am I Evil? (Diamond Head) 長渕剛など多数
アルバムで最もスローな曲。ヘヴィなリフと人情味溢れる歌が妙に合っている。味噌汁とご飯の歌をここまでかっこ良く仕上げる男気に笑った。私はけっこう気に入っているが、ファンの評価は少し低かったりする。

#3. SCORPION DEATH ROCK
元ネタ 不明
恐らくSlayerかMegadeth辺りから引用したリフをアレンジしていると思われる、さそりの恐ろしさを歌った曲。けっしてさとりではない。アルバム中でも飛び抜けて速いが、冒頭の茶番などのネタも飛び抜けている。ノイズのようなSEを使ったり、語りのような部分にリフレインを重ねたりとかなり実験的な曲でもある。

#4. DEVIL WING
元ネタ Never die(Yngwie Malmsteen) Seven Doors Hotel(Europe)
地味に後ろのほうでキーボードが鳴っている、北欧系のメロディックな様式美ナンバー。イントロのSEがちょっと余計だが、激熱なサビとギターソロがかっこいいのでそれほど気にならない。特に、ANCHANGのよく伸びる声とキャッチーなメロディ、ギターリフが熱いサビは彼らの全楽曲でも屈指の出来だと思う。

#5. 桜島
元ネタ Dream Fantasy (Loudness) 
「どかんどかんどかんどかんどかん 桜島ァ~!」という、普通に聴いたら脱力する歌詞でも彼らにかかれば妙にクールになることがわかる一曲。サビとギターソロのラスト以外ずっと似たようなリフが続くので少し飽きてしまうのが玉にキズだが、シャウトの勢いと全力を出し切った感のあるギターソロは圧巻。ANCHANGが上京する前に作ったらしい。

#6. High Speed SAMURAI
元ネタ 不明
ネタに走ったHelloweenのような、突き抜けた爽やかさが特徴の一曲。歌詞が時代劇調のストーリー仕立てになっている。異様に明るいうえ、一切シャウトをしないので最初に聴いたときは少々戸惑った。今でもシャッフル再生中にこれが出てくると「アレ?」と思ってしまう。割と好きな曲なんだけどね。

#7. ファミレス・ボンバー
元ネタ Holy Wars...The Punishment Due(Megadeth)
みかんのうたに並ぶSex Machinegunsの代表曲。面白すぎる歌詞やANCHANGとベース担当のNoisyとの掛け合いが素晴らしい。だがそれ以上に素晴らしいのは攻撃的なリフをこれ以上ないほどキャッチーにしてしまったことだと思う。こんなキャッチーなリフはどこで聴けるんだってくらい珍しい。

ちなみにライブだと和風ハンバーグがご当地グルメに変わる。博多ラーメンとか。

#8. 犬の生活
元ネタ Bad Boys(Whitesnake) Save Us(Helloween)
最初はタイトルと冒頭の「わん!わん!わん!」というシャウトで爆笑した。でも歌詞は犬目線で叶わぬ恋を描いたかなり悲しいものとなっており、哀愁ただようパワーメタル風にアレンジされた切ない曲である。力強いリフと犬シャウトは一度聴いてしまえば耳から離れないだろう。

#9. HANABI-la大回転
元ネタ 多分無い?
彼らのメジャーデビューシングルに採用された曲。全体的に大人しめだけど、サビに向かってだんだんボルテージが上がっていくところがたまらない。かなりJ-POP的な要素を感じるのは私だけだろうか?

#10. BURN ~愛の炎を燃やせ~
元ネタ 不明
彼らの二枚目のシングル曲。とにかくANCHANGのハイトーン、ギターソロが熱い。アルバム中でも一二を争う速度で爆走する曲をラストに持ってくる辺りさすがだなと思った。


(以下音源紹介)

#1. SEX MACHINEGUN



#7. ファミレス・ボンバー



#10. BURN ~愛の炎を燃やせ~




メタルを聴いたことない人の入門として最適なアルバムだと思う。個人的にはこれと、次作のMade in Japan、8thアルバムの45°がオススメ。

それではここでSex machinegunsのレビューを終えようと思います。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ クラシックメタルジャーマンスラッシュSex_Machineguns初心者向け

| ☆☆☆☆☆ | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/45-5c722af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。