ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Steelheart - Steelheart (1991)

アメリカ産HR/HMバンドの1st。MCAレコードよりリリース。

Steelheart_Self-Titled.jpg

評価:☆☆☆


曲目リスト

1. Love Ain't Easy
2. Can't Stop Me Lovin' You
3. Like Never Before
4. I'll Never Let You Go
5. Everybody Loves Eileen
6. Sheila
7. Gimme Gimme
8. Rock 'N Roll (I Just Wanna) ☆
9. She's Gone ☆
10. Down N' Dirty

稀代のボーカリスト、Mike Matijevic(マイク・マティアビッチ)率いるバンド、Steelheartの第一作目。

このバンドの最大の魅力は、なんといってもマイクの歌声だと思う。4オクターブを超える圧倒的なハイトーンに明瞭な歌詞をのせ、節まで回すボーカリストはなかなかいない。限界ギリギリのハイトーンに抑揚をつける表現力、自然すぎる声区の切り替え等、ボーカルとしてのテクニックは間違いなくトップクラス。

まあでも、あまりにも綺麗すぎるマイクのハイトーンを聴いたら技術云々なんかどうでも良くなるね。初めて "She's Gone" を聴いたときは驚きと感動で胸がいっぱいになった。こんなに歌が上手い人がいるのかって嬉しくなった。壮大なパワーバラードの哀愁も相まって思わず泣いてしまいましたね。

メタル界隈にはハイトーンシンガーが山ほどいるけど、その中で最強は誰かって聞かれたら、私はマイク・マティアビッチと答えるだろう。ここまで上手すぎるともはや嫉妬の念すら沸かないんだなあと思った。

ただ、アルバム自体の評価は、マイクの力量に楽器隊がついていけてないとか、バラードばかりでつまらないとか、少々ハイトーンがクドかったという理由から☆3つ。作詞作曲はマイク自身でやるんじゃなくて、他のメンバーにやってもらったほうが良かったんじゃないか……?

曲調はイギリスのクラシックなヘヴィメタルといった感じだけど、ハードロックとして聴いたほうが肩透かしを食らわずにすむかもしれない。


#9. She's Gone
ライブのほうが上手かったのでライブバージョンを貼りました。音質が悪いですが、マイクの魅力は伝わると思います。




#8. Rock 'N Roll (I Just Wanna)
アルバム中唯一の疾走ナンバー。こういうヘヴィな曲の方がいいと思ったのは私だけだろうか。



以上でSteelheartのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ クラシックメタルハードロックSteelheart

| ☆☆☆ | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/49-bb3f729d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。