ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kronos - Colossal Titan Strife(2004)

フランス産のヨーロピアンブルデスバンドの2nd。

Kronos

評価:☆☆☆☆☆ 名盤!


曲目リスト
1."Mythological Bloodbath"
2."Colossal Titan Strife"☆
3."Submission"
4."Opplomak"
5."With Eaque Sword"
6."Aeternum Pharaos Curse" ☆
7."Haterealm"
8."Monumental Carnage"
9."Phaeton" ☆
10."Kronos" ☆
11."Infernal Worms Fields" ☆

ジャケットがキモイ!

というのは置いといて、ジャケットに反してとてもメロディアスなヨーロピアンブルデスサウンドを聞かせてくれるアルバム。とんでもない速度のリズム隊とミドルテンポで叙情的かつドロドロなギターリフが特徴的。NILEとBEHEMOTHを足して2で割ったような感じと書けばわかりやすいかもしれない。NILEほど超スピードで攻撃的でも無ければBEHEMOTHほど凶悪でも無い。

だからといってその2つのバンドに劣っているとは限らないのがKronosというバンドである。

エジプト神話や古代ローマ、ギリシャ神話やスカンジナビアの神話を主に扱った歌詞といいブルデスサウンドといいNILEの影響を強く感じるバンドだが、NILE含めその他のバンドとは一線を画す個性がある。

一つは非常に聴きやすいということ。ブルデスはキャッチーさとはあまり縁のないジャンルのメタルではあるが、Kronosの楽曲はギターリフがメロディアスなおかげで非常に聴きやすい。マイルドと書くほうがわかりやすいかもしれない。そのことは下に貼った#9の曲を聞けばわかると思う。デスメタルの攻撃性が中東音楽系のリフによって緩和され、破壊力抜群なのに聴きやすいという不思議な魅力を醸し出している。この辺りはBEHEMOTHとも共通点がある。

もう一つはVoの声質。kristofのデスボイスはなんと呼べばわからないくらい特徴的だ。グロウルとガテラルの判断がつかないようなゴッボゴボでザリザリした低音のデスボイスと、喉が張り裂けるんじゃないかってくらいの高音グロウル。スクリームじゃなくてグロウルで高音部を発生してるのがすごい。最初はVoが二人いるのかと思ったが、ライブ映像を観たらほとんど一人で歌っていた。マジでビビった。

しかし残念ながらkrstofは2009年に脱退してしまったようだ。新ボーカルはハードル上がって大変だな……と思ったら新ボーカルのChris Lewisも負けず劣らずの実力だった。下に張るのでぜひその実力を見てください。

Colossal Titan Strifeは捨て曲無しの名盤であることは間違いないが、特にラスト3曲が素晴らしい。ラストトラックだけ曲調が他の曲と違うが、その温度差が逆に心地良い。下に貼ったので是非聞いてみてほしい。アルバムを通して聴くと寒気のするような気分に襲われる。

#9 Phaeton



#11 Infernal Worms Fields



新ボーカルの実力



(どうでもいいがPhaetonと平安のエイリアンってイントロが似てるな……)

関連記事
関連するタグ ブルータルデス名盤Kronos

| ☆☆☆☆☆ | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/6-88ad3e08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。