ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Novembre - The Blue (2007)

イタリア産ゴシック/ドゥーム・プログレッシヴデスメタルバンドの7th。Peaceville Records(ピースヴィル・レコード)よりリリース。

novembre the blue


評価:☆☆☆☆☆ 名盤!



曲目リスト
1. Anaemia ☆
2. Triesteitaliana ☆
3. Cobalt Of March
4. Bluecracy ☆
5. Architheme 
6. Nascence 
7. Iridescence 
8. Sound Odyssey 
9. Cantus Christi 
10. Zenith  ☆
11. Argentic 
12. Deorbit ☆

ただひたすらに青く、美しいアルバム。

美麗なアートワークが表しているように、The Blueを聴いていると深い海の底へ沈んでいくかのような感覚を覚えるだろう。そこには水の冷たさとある種の温かさが同居しているように私は感じた。

Novembreというバンド自体はこの作品で知ったが、初めて聴いたときは度肝を抜かれた。これほどの構成美とメロディ、ブルータリティを合わせ持ったバンドは、それこそOpethやEmperor、Krallice等の限られたバンドだけだと思っていた。そして今作は、彼らの出した名盤とくらべても何ら遜色のない作品であるといえよう。

The Blueを、誤解を恐れずに一言でまとめると「雰囲気もの」である。美しいアンビエンスなメロディにも、荒れ狂う海のように荒々しいサウンドの中にも、一貫して暗さ・鬱々しさがある。そこに例外はなく、圧倒的なまでに統一された空気感にはリスナーを魅了する魔力がある。

また、複雑で繊細な曲構成でありながらも、フックのあるリフとメロディが随所に散りばめられているおかげで、退屈することなく深い海の底に沈んでいく感覚に没入することができる。一貫した憂鬱さとキャッチーなメロディを両立させるアレンジセンスにはさすがという他ない。

全容を理解するには時間がかかるが、琴線に触れるメロディが多いので取っ付きやすいアルバムだと思う。憂鬱な気分に浸りたい人、本格的なプログレメタルを聴きたい人にはもちろん、全ての人に勧めたい名盤。落ち込んだときに聴くと癒やされること間違いなし。



#1. Anaemia



#10. Zenith




#12. Deorbit



以上でThe Blueのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ ドゥームゴシックプログレッシブNovembre名盤

| ☆☆☆☆☆ | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/64-3f092776

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。