ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The Monolith Deathcult - Trivmvirate (2008)

オランダ産シンフォニックブルータルデスメタルバンドの2nd(実質3rd)。1stのときはMonolithというバンドだったが改名したらしい。

the monolith deathcult trivmvirate

評価:☆☆☆☆☆ 



曲目リスト
1. Deus Ex Machina 
2. Wrath Of The Baath ☆
3. Kindertodeslied 
4. Master Of The Bryansk Forest ☆
5. M.M.F.D.
6. I Spew Thee Out of My Mouth ☆
7. Demigod ☆
8. Den Ensomme Nordens Dronning

シンフォニックブルータルデスメタルというとイタリアのFleshgod Apocalypseを想起する人がほとんどだと思うが、この人らも今作から大々的にシンフォニック/インダストリアルの要素を取り入れた。まあ前作にも電子音のサンプリングやシンフォニーがちょっとはあったけど、ほとんどブルデス(というかNileの焼き増し)だったのでTrivmvirateからシンフォニックブルータルデスメタルになったと考えていいはず。

そしてその路線が大成功したというのがこのアルバム。

ブルデスの要素だけでもNileやBehemothのコピーから脱して超パワーアップしているというのに、そこに壮大なシンフォニーと無機質なインダストリアル、更に宗教的なクワイヤ(聖歌隊のコーラスみたいなやつ)やら意味不明なサンプリングやらが加わってしまい、アートワークの邪神のような怪物的サウンドに仕上がっている。

こんだけ色んな要素を入れたら普通は楽曲が破綻して死ぬほどつまらない音楽と化すはずなのに、こいつらといったら鍛えあげられた軍隊のように一糸乱れぬ展開を聴かせてくれる。

こういうクロスオーバーをやるバンドにありがちな、シンフォニーに力を入れすぎて肝心のメタル要素が貧弱だったり、逆にマッチョで骨太なリフの足を引っ張る薄っぺらいアレンジが乗ったりすることは一切ない。

つまり、盛り込まれた全ての要素がデスメタルの攻撃性を増すためだけに存在しているのだ。壮大なオーケストラはそのままでは粗野なデスメタルに神聖さを与え、電子音やサンプリングはデスメタルに無機質な冷たさと彩りを与え感情のはさむ余地をなくしている。

プレイタイムの長さを補えない冗長さを感じることもあるが、神々しさすら感じるほどのサウンドの前では気にするほどのことではないだろう。簡素なレビューになったが、後は曲を聴いて判断してもらいたい。紛れもない名盤。



#2. Wrath Of The Baath
今のところブルデスの中で一番好きな曲。どのパートも全く隙がないけどドゥゥゥゥゥンという音の後にくるグルーヴィーなパートが死ぬほどかっこいい。



#4. Master Of The Bryansk Forest



#7. Demigod



以上でTrivmvirateのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ シンフォニックメタルブルータルデスインダストリアルミクスチャーThe_Monolith_Deathcult

| ☆☆☆☆☆ | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/76-2a12e836

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。