ヘヴィーメタルをレビュー(感想)しよう

ヘヴィーメタルのレビューや感想、楽しみ方、聴き方等を書いていくサイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Gorguts - Obscura (1998)

カナダ産アヴァンギャルド/テクニカルデスメタルバンドの3rd。Olympic Recordingsからのリリース。現在廃盤。再発されました! http://heavymetalfan.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

gorguts obscura

評価:☆ 名盤……



曲目リスト
1. Obscura ☆
2. Earthly Love ☆
3. The Carnal State
4. Nostalgia ☆
5. The Art Of Sombre Ecstacy
6. Clouded ☆
7. Subtle Body ☆
8. Rapturous Grief
9. La Vie Est Prelude... (La Mort, Orgasme) ☆
10. Illuminatus
11. Faceless Ones ☆
12. Sweet Silence ☆

史上最悪の名盤。これほど気持ち悪くて醜悪なメタルはObscuraを除いて存在しない。唯一無二、クソの有頂天。

不協和音ありきで構成された悪意のあるリフ。変拍子だらけなうえ、アクセントが頻繁に変わるドラミングのせいでリズムの掴めないグルーヴ。そして予測不能に曲が展開していく未知への恐怖。

どの曲もミドルテンポだというのに、コンスタントに叩かれるドラムのせいで謎の焦燥感を覚えるわ、断片的に組み込まれたヴィオラは恐怖感を煽る耳障りな音を奏でるわ、Luc Lemay(Gt,Vo)は死にかけた狂人としか思えない叫びを上げ続けるわ……

キャッチーな要素ゼロ、どんな人間も不快に感じるであろう最悪のサウンドで、しかもプレイタイムが61分あり13曲も収録されているという悪夢。もはやこのアルバムを一曲通して聴くことは苦行と言っても過言ではない。

だがそれがいい……とは今回の場合ならない。私は体力があるときにしかObscuraを聴かないし、通して聴いたら必ず体調を崩す。酷いときには高熱を出したこともあった。

聴いていても爽快感や高揚感は欠片も得られないし、ヘドバンをすることも、メロディを口ずさむこともできない。

しかし、しかしだ。

なぜか何度も聴いてしまうほどの悪魔的な中毒性があることも事実だ。聴き終えたあとには「二度と聴くかこんなもん!!」と心底思うというのに、気付いたらまたイヤホンをつないで再生ボタンを押している。

多分、これ以上に刺激的なエクストリーム・ミュージックは存在しないからだろう。ほとんど騒音みたいなサウンドの中にふと、理解できるメロディがあり、メタルの原始的なカタルシスがある。

Obscuraには何度も登場する印象的なフレーズがあるが、その音色こそ麻薬的な魅力の原因だろう。

破壊の中にある一瞬の美、カオスそのものの中にある僅かな秩序。全体の1%程度しかない印象的なメロディが、カオスとコスモスという最低のコントラストを描き、逃れられない引力を生み出している。

正直なところ人に勧めるような作品ではないし、本当に限られた人間にしか耐えられないアルバムだと思う。しかし、この最低の傑作から感じた「凄み」は確かだし、ここまでブルータルで過激なものは本当に貴重なので当ブログでは名盤として扱うことにする。

ヘヴィメタルの一つの到達点とも言うべき存在。

あー、レビューのために何度も聴いたから頭が痛い……


#1. Obscura




#4. Nostalgia




#6. Clouded



以上でObscuraのレビューは終わりです。ありがとうございました。
関連記事
関連するタグ アヴァンギャルドテクニカルデス名盤Gorguts

| | 21:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごいアルバムですよねこれ。賛否両論あるのはわかりますが、個人的にはツボです(笑)
ここまで極地にたどり着いたアルバムでほかに思い当たるのは、cynicの「forcus」とmeshuggahの「nothing」くらいです。

中でもメロディーセンスが独特なんだと思います。最新アルバムでだいぶアヴァンギャルドな要素が減ったのに、リフに組み込まれてるメロディーだけで「gorgutsだ!」って思えるだけのものがありましたから

そういえばこのバンドつい最近krisiunやその他諸々と一緒に来日したので見に行きましたが凄くかっこよかったですよ。リーダーのパフォーマンスも勿論ですが、個人的にベースの人(kralliceのColin Marston)の演奏力にビビりました

| 山村 | 2014/11/24 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

もう本当にすごいアルバムですよ。レビューはしたんですけどまだ全容をつかめていませんね私は。何度も聴きたいけど真面目に体調が崩れてしまうので、心身と相談しながら聴いている次第です(笑)

個人的にはGorgutsの対極に位置しているのがKralliceなのだと思っています。

というかライブ行ったんですか! ああ羨ましい……私もコリンの意味不明なベースプレイが見たかった(笑)

| ムラサメ | 2014/11/25 05:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://heavymetalfan.blog.fc2.com/tb.php/89-167afa03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。